• HOME
  • ネッツ就活ゼミのご案内
  • コース・カリキュラム
  • 無料セミナー・イベント
  • よくある質問

ネッツ就活ゼミのご案内

ホーム >採用情報/社員紹介

ネッツ就活ゼミのご案内

ネッツ就活ゼミナールとは

 

 
 

渡辺 継
前職:汎用機運用業務
現職:Web、Mailサーバなどの運用管理業務

 

渡辺さんは、6年間汎用機ならびに基幹ネットワークの運用業務を経験され、ネッツに転職されましたが、ネッツを転職先候補の一つに選んだ理由は何ですか。

まず、ワンランクアッププロジェクトと言う言葉が目に入りました。一年でひとつのプロジェクトを完了させてワンランクアップしたプロジェクトへ移ることができる。明確に謳っている企業はほかにありませんでした。
さもすると同じ事を繰り返すばかりで気がついたら10年たってしまう。
自分の意識を常に上に向けることができる会社を探していました。

ネッツでは、プロジェクト制を導入されておられ、渡辺さんは、現在のプロジェクトが2つ目とお聞きしました。簡単に、それぞれのお仕事内容をお聞かせいただけないでしょうか。

前回のプロジェクトは3つのそれぞれ異なったネットワークの監視・一時保守業務が大きく、
次いで、回線保守のサポート業務を行ってました。
監視・一時保守業務ではルータやスイッチのみならずユーザがサービスを提供しているサーバも監視してましたのでお客様のサーバを直接触る機会もありました。
回線保守のサポート業務ではカスタマーと直接会話をしながら速やかな
機器交換の手配を行っていましたので対面する人がどのような考えでいるかを自分が考える機会になりました。
現在はサーバホスティング業者にて主にサーバ管理をしております。
お客様が利用するサーバからFWまでの設定変更を行い、お客様が利用しやすいサーバ環境を提供するのが現在のミッションです。 
最初のプロジェクトでは、1年間メンバーとして就業後、リーダーに昇格されたらしいですが、入社1年でプレッシャーはありませんでしたか。
プレッシャーよりも喜びの方が大きかったですね。早い段階で認めてもらえたというのが正直な思いでした。そこからはいろいろと大変でしたけど、いい勉強になりました。
最初に思っていたより当然、厳しかったし、振り返ってみるとリーダというものがどれだけ難しいか分かりました。単に上に立つと言うことではなく。上に立つ以上、いい意味でメンバーを持ち上げなくてはいけませんし、持ち上げるだけでなく、下から支えることも大事ですから。

現在のプロジェクトで、やりがいを感じる瞬間と反対に辛い事を教えて下さい。

お客様が利用している機器の設定変更などをしていると自分のミスがどのような影響を
与えるかを考えるとプレッシャーになりますが、それでもお客様から何気なく頂ける自分にとってありがたい言葉をもらえるのはやりがいにつながります。
反面、現在のプロジェクトは、先行部隊として、ネッツからは私だけが参加している為、そのありがたいと思う機会を増やすのにはどうしたらよいかを話し合えるネッツの仲間が、今はいないと言うのに時々つらさを感じますね。

次は、どのようなプロジェクトにチャレンジしたいですか。

規模の大小は問いませんが自分の責任範囲が明確でかつお客様の役にたてる。
それらを多くの仲間と作り出していけるようなプロジェクトに参加したいです。

渡辺さんは、ネッツの社内研修で、CCNA資格取得コースなどのトレーナーも担当されておられますが、資格取得の為の学習ポイントをお教えください。

資格を取得するには試験にパスしなくてはいけないのですが、試験では答えは1つですから、その1つを反復して覚えることがポイントになるのではないでしょうか。
反復して覚えたことを増やしていけば自然と試験は怖くなくなるはずです。
後、CCNAやLPIC等は自動車の免許を取得するように実際に触ってみることが重要だと思います。もうひとつはネットワークに興味を持つことだと思います。興味を持ち続けると自然に知識を増やそうという意欲もわいてきます。

自分がどのような仕事をするかは、どのように生きるかに通じると思います。
難しく考える必要はないと思いますし、それを模索し常にチャレンジの機会を作っていけるのがネッツだと思っています。

もちろん明確にエンジニアとしてやっていくと考えてる方にもチャレンジの場を提供してもくれる会社です。一緒にチャレンジしていきましょう。