• HOME
  • ネッツ就活ゼミのご案内
  • コース・カリキュラム
  • 無料セミナー・イベント
  • よくある質問

ネッツ就活ゼミのご案内

ホーム >採用情報/社員紹介

ネッツ就活ゼミのご案内

ネッツ就活ゼミナールとは

 

 
 

佐藤 陽 
前職:文具店 店頭接客スタッフ
現職:サーバ/ネットワークシステムの運用管理業務

 

佐藤さんは情報処理系の学科をご卒業されておられますが、コンピュータ、情報処理関係にご関心をお持ちになられたキッカケは何ですか

10年以上前、PCエンジンという家庭用ゲーム機の開発ユニットが発売されたことがあります。そのユニット自体は小遣いをためて購入できましたが、それにはさらにパソコンが必要だったので、紆余曲折の末、同時にパソコンを手に入れたのが直接のきっかけになります。
情報処理、というよりもソフトウェア製作、といった観点から見れば、それこそ小学校のころにPCでゲームを作るソフトをいじったところから始まると思います。
最初は何度も、OSを入れなおし、失敗しながらやっていくうちに今まで生きている人生の半分はPC触っていることになりますので自然とこの世界の住人になりました。
PCによるゲームソフト、コンテンツの作成に関しては自身の軸として10年以上持っていることになります。

前職のご退職理由と、ネッツへの転職理由をお聞かせいただけないでしょうか。

コンピュータ、PC関連の仕事をそろそろやろうと考え、もともと、前職ではすでに自分の目標からなにから話していたので、特別な事情はなく、就職活動を再開。正社員としての就職は失敗したので、アルバイトを、ということでいくつか受けるもやはり失敗し、利用していなかった転職情報サイトをたまたま眺めていてアルバイトの求人があったのがネッツでした。
こういった理由なので、ネッツへは転職、というよりもアルバイトとして応募したわけですが、説明会とか行っているうちにアルバイトというよりも転職、中途採用に話になっているので、おや?とも思いました。もともと良くも悪くもプログラマとしては自分よりもはるかに優れた人材に囲まれてきていましたので、そういった周りの人間に肩を並べるにはむしろネットワークなどの知識やそれこそよりアーティスティックな技術などを身につけた総合的な力で肩を並べようと考えていたこともありました。そのため、これも何かの縁ということで、入社させていただきました。

ネッツでは、プロジェクト制を導入されておられ、佐藤さんは、現在のプロジェクトが3つ目とお聞きしました。 簡単に、それぞれのお仕事内容をお聞かせいただけないでしょうか。

1つ目はIDCで受付業務を主にしていました。簡単なサーバ作業も行いましたが、大半は受付業務とそれに付帯する業務(調査や、センタ内の整理など)になります。
 2つ目はネットワークセンタで、ネットワークの一次監視、障害発生時のエスカレーション業務、配送業務統制や、コンピュータ関連のヘルプデスク業務などを行っていました。
そして現在は、大手の医療CRMの会社にて、構内電話網の管理や、コンピュータ機器の管理などのファシリティ関係の業務をしています。

現在のプロジェクトで、やりがいを感じる瞬間と反対に辛い事を教えて下さい。

業務の関係上、社内のコンピュータや、電話関係のトラブルに関する対応に追われることが多いのですが、いい意味でまだ手順ややり方が決まってないこともあり、思いっきり自分が考えたことが実行できる点にやりがいを感じます。

正直なところ、辛いところはありません。

というのも、トラブルに対していろいろな手段を瞬時に判断して 決定したり、対応したりするのはとてもエキサイティングですし(特に対応完了した瞬間)、失敗しないように、相手のことをいろいろ考え、プランを練ることは非常に充実した時間でもあるからです。もちろん、どんなにあがいてもどうしてもできないことや解決できないこともあります、しかし、それをどうにかすることを考えるのも楽しいものです。
強いて言えば、業務時間外の作業になることが多く、また通勤時間が比較的長くて時間がもったいない、こういった有効に使える時間が使えない、この時間でもっと役に立てる何かを手に入れられるのにできない、というのがつらいといえばつらいかもしれません。


佐藤さんは、ネッツに入社されてから、シスコ認定技術資格CCNAを取得されましたが、 学習方法をお教えください。
CCNAに受かる、という勉強であれば本を読んで、問題集を解く、間違ったところをやり直す、で受かるはずです。私が勉強した時にはルータを8台ばかり手に入れて実際に実機を触って学習を進めました(台数はたまたまなので最低3台くらいあれば、いいかと)
CCNAを活かしたい、と思うのであれば、普段から積極的にネットワーク環境に触れるということを生活の一部に取り込むのが一番の学習法です。インターネットに接続するのを手作業でやったり、LANを組んでみたり。
ただし、こういったものをしようと考えるのであれば、ネットワークの勉強と考えて導入してはいけないということです。ネットワークの勉強としてこういったことをしてもまったく面白くもなんともありません、ので、学習効率は0です。
そのため、自分の趣味の中で、ネットワークを構築する必然性を見つけていくのが、文字通り「身につく」学習方法です。ビデオ編集、配信、再生を行いたいからファイルサーバを立てる、など、パソコンでしたい趣味は人それぞれあるはずです。それを混ぜ込んで、たのしく、また、新しい情報を得ながら、それでどんな楽しいことができるのか想像しながら生活するのが最適です。
次は、どのようなプロジェクトにチャレンジしたいですか。また、将来の目標をお教えください。
将来の目標といいますか、「予定」はオンラインゲームコンテンツのより新しいスタイルを作り上げたいと思っています。
そのために、ものづくりのエキスパートになり、インフラのエキスパートにもなり、そしてそれぞれの間に入って、双方のことをよく理解したうえで、より高レベルのサービスを作る【サービスを作るエキスパート】になりたいと考えています。
そのため、今度は開発のようなプロジェクトにも積極的にチャレンジしたいと考えています。

ネッツはほかの同じような会社と違い、自分で考えて、自分で行動する人に特に最適な会社です。いろんなことに挑戦することができ、また、話すことのできる会社です。
10年後の自分がどうありたいか、そのために何をすればいいのかなど、考えることがあるのならば、ぜひネッツでいろいろなことに挑戦してみてください。
未来のビジョンと、それに向かうための今踏みしめる第一歩をどうするのか、それがきっと役に立つと思います。ネッツはそのパワーを受けるだけのキャパシティのある会社なので、是非がんばってほしいと思います。