• HOME
  • ネッツ就活ゼミのご案内
  • コース・カリキュラム
  • 無料セミナー・イベント
  • よくある質問

ネッツ就活ゼミのご案内

ホーム >採用情報/社員紹介

 

 

ネッツは、エンジニアにとってのチャンスがいっぱいです。エンジニア個々の成長と会社の成長の一体感をダイナミックに味わいながら、一緒に、未来を生み出し続けていく、仲間を必要としています。

今まで以上に、社会やお客様の期待に応えるべく、「技術」「営業」「人事教育研修」3つの部門の連携で、エンジニア一人ひとりのスペシャリティの向上、チームパフォーマンスの向上を果たし、ネッツのバリューを高めていきたいと思います。

2017年は、社員ひとり一人が、「ワンランクアッププロジェクト制度」によって築いてきた、アプリケーション開発領域やインフラ構築運用領域の技術力を礎に、「自社メディアやオリジナルアプリケーションの企画開発」にも挑み、将来のあるべき姿をより鮮明にしていく、1年にします。

さあ、私たちと一緒に、テクニカルプレイヤーとしてのレベルアップはもちろん、事業を、会社を伸展させていく喜びと楽しさを思う存分、分かち合いましょう!!

 

 

自分のライフスタイルや人生設計にマッチし、生活環境の変化にあわせながら、10年、20年、ずっと会社と一緒に仕事を楽しんでやっていける会社との出会いを求め、転職活動をしていました。
そんな思いや理想を具現化できると確信し、入社したのがネッツでした。
入社後、ワンランクアッププロジェクト制度を活用し現在は、3社目のクライアントを担当しています。
入社して最初のプロジェクトは、当時の私のキャリア、スキルにマッチしたそれほど背伸びしなくても、やっていけるミッションからスタートしました。その間、会社の教育研修、資格取得支援を受けながら、新たなスキルを身に付けました。2つ目のプロジェクトでは、身に付けた新たなスキルを現場で応用することで、業務の遂行レベルとアウトプットを評価され、3つ目のプロジェクトにステップアップしました。3つのプロジェクト全てが、担当クライアントとチームに恵まれ、私の中長期的なキャリアデザインに則った、ミッションに就けました。
ここまで、社員一人ひとりのライフスタイルや人生設計に向き合ってくれる会社は他にないと思います。スモールステップで、ミッションレベルを高めながら、キャリア形成を実現できる、それがネッツです。

 

 

Web、Mailサーバからファイアウォールまでの設定変更を行い、お客様が利用しやすいサーバ環境を提供するのが現在のミッションです。
ネッツに転職する前は、6年間、主として基幹ネットワークの運用業務に就いていたのですが、サーバ関連技術の向上やチームリーダーとしてのキャリアを築くため、ネッツに転職しました。
入社後、最初のプロジェクトでは、1年間メンバーとして就業後、リーダーを任され、プレッシャーも有りましたが、喜びの方が大きかったです。早い段階で認めてもらえたというのが正直な思いでした。そこからはいろいろと大変でしたけど、いい経験になりました。
ひとつのプロジェクトを完了させて、ワンランクアップしたプロジェクトへ移ることができることを明確に謳っている企業は他には有りません。
自分がどのような仕事をするかは、どのように生きるかに通じると思います。それを模索し常にチャレンジの機会を作っていけるのがネッツだと思っています。

 

 

ネッツ入社前は、県庁や保険会社等で、旧システムから新システムへ乗り換える際に、既存のデータを移行するためのプログラムを作成したりしていました。
プログラムの仕事についてからも、インフラ関係に興味があり、ネッツなら2、3年ごとにキャリアアップをするということで、新しい事に取り組みやすい環境を提供してもらえると思い入社しました。 

プログラマーからのキャリアチェンジに多少の不安もありましたが、配属前の導入研修は、実機を使って実習できたのでともてわかりやすかったです。また、配属されてから2ヶ月間のOJTがあり、焦らずに現場に慣れることができました。分からない事や理解できないことがあれば、ネッツの先輩に気兼ねなく聞き、納得するまで教えてもらえました。
自分のスキルや能力に合ったプロジェクトに配属されるので、やる気があれば、誰でもスタートできると思います。

 

 

ワンランクアッププロジェクト制度、教育研修制度、個別キャリアカウンセリング制度と明確に個々のキャリアアップをバックアップしていくというネッツの姿勢に魅力を感じ、また、社長や人事担当の方の熱意に惹かれ、その熱意に応えていきたいと思いネッツに入社することを決意しました。
ネッツの期待に応えるということは、すなわちお客様の期待に応えることです。お客様やネッツの期待に応えれられるようにと目標があればがんばれますからね。
導入研修はUNIX/Linux基礎研修を3日間受講しました。Linuxの基礎を復習でき、有意義な時間でした。現場のOJTでは、システムを一通り説明して頂いたり、サーバやNW機器の保守の他、システムを使用しているお客様からの設定変更依頼に沿って、機器の設定値を変更していく業務に対応していくために、検証環境で実際にシステムを操作させて頂きました。やはり、実際に操作しないと理解しにくい部分がありますからね。

 

 

前職のPCテクニカルサポート業務では、自分の持ちえる技術力をいかんなく発揮できる環境で満足はしていました。
しかしそのレベルで満足してしまっていては次に進めません。もともとネットワーク系の志望だったし、前職でもSOHO環境のネットワーク構築などはやっていました。けれども、自分のスキルを仕事を通じて上げていきたいと思ったとき、前職は天井が見えてしまったんです。
転職の決意は早かったですね。思い立ったら即行動。タイミングもよかったんだと思います。ネッツに出会えてしかもネットワーク技術に従事できる環境が目の前にあって、なにより、プロジェクト制のスキルアップができるとあれば迷いはありませんでしたね。 仕事をしながらスキルアップで自身を磨ける、チャンスだと思いましたよ。
仕事のやりがいは、担当しているシステムの顧客名が、そうそうたる企業名であること! (社名を出せないのが残念です)そのくらい大きなシステムに携われる点では、影で日本の経済を動かしているんだくらい誤解しても間違えではないくらいやりがいはありますね。 辛い点といえば、ここまで大きなシステムに携われる分、日々勉強していかないと追いつけないことでしょうか? 正直ゴールが見えません…ってくらい、技術はたくさんありますから。

 

 

ネットワークの分野で未経験の自分の意欲を買ってくれて、次のステップへの経験を着実に踏んで自信をつけるように説いて頂けたので、入社するに至りました。
入社直後は、ハウジング・ホスティングサービスを手がける都内のインターネットデータセンタにて、ユーザの入退館受付・問い合わせの管理やセンタの管理全般・運用を手がけました。一般には人の目に触れる事の無い多くのネットワークインフラを目にする事ができたので、座学では得られない貴重な経験になったと思います。
その後、別のセンタにて、サーバ及びネットワークの監視と運用業務、ヘルプデスクを手がけています。こちらは多岐にわたる複数システムに携わるうえ、顧客資産であるサーバやネットワーク機器に遠隔ないしは直接接続し操作する業務のため、必要な専門知識もさる事ながら、より緊張感を強いられるシビアなものとなっています。ほんの僅かなミスが重大な事故に繋がるため、慎重さと確実さを問われるプロジェクトです。

 

 

もともと良くも悪くもプログラマとしては、自分よりもはるかに優れた人材に囲まれてきていましたので、そういった周りの人間に肩を並べるには、むしろネットワークなどの知識やそれこそよりアーティスティックな技術などを身につけた総合的な力で肩を並べようと考えていたこともあり、ネッツに転職しました。
将来の目標は、ものづくりのエキスパートになり、インフラのエキスパートにもなり、そしてそれぞれの間に入って、双方のことをよく理解したうえで、より高レベルの「サービスを作るエキスパート」になりたいと考えています。そのため、今度は開発のようなプロジェクトにも積極的にチャレンジしたいと考えています。
ネッツは、ほかの同じような会社と違い、いろんなことに挑戦することができ、また、話すことのできる会社です。10年後の自分がどうありたいか、そのために何をすればいいのかなど、考えることがあるのならば、ぜひネッツでいろいろなことに挑戦してみてください。未来のビジョンと、それに向かうための今踏みしめる第一歩をどうするのか、ネッツはそのパワーを受けるだけのキャパシティのある会社です。